快傑ライオン丸 29話より。 新必殺技の予感。

ドクロ忍者3兄弟が合体した怪人、ドクロンガにライオン飛行斬りを破られた獅子丸さん。
「ドクロ忍者でも3人集まれば、あんなに強くなれるのか・・・3人?そうか!」

獅子丸さんは沙織さんと小助ちゃんを放ったらかして、一人で木の枝を切る特訓をしていた事を恥じました。
二人がいる山小屋に戻ると、深々とお詫びするのでした。
そして、山寺の和尚さんから、助言を受けて、その特訓をしていた事を打ち明けました。



「そんなの簡単じゃないか。先に葉を落としてしまってから枝を切ればいい。」
小助ちゃんがちょっとふてくされて言った言葉に、獅子丸さんは、何かを掴みました。

今度は二人が見守りながら、枝を切る特訓です。
「獅子丸兄ちゃん。ごめんよ。おいら、いい加減な事を言ったんだよ。」
「いや、小助、それでいいんだ。多分、きっとそうだ!」

獅子丸さんは宙を舞い、枝を切ります。成功です。今度は葉が一枚も落ちません。

「勝とうと思うから負ける。無心で向かっていきなさい。」というのが、山寺の和尚さんの教えでした。

(ここでしっかりとした描写が無いのですが、多分、切りたい枝には元々葉はないのだ、と思って、斬る事だけに集中したから良かったのかもしれません。葉を落とさないように、と意識しすぎていたから太刀筋が鈍っていたのだと思います。虎錠之介は、精神的な強さが、太刀筋にも出ていた事になります。)







ドクロンガとの再戦です!ドクロンガも大きくジャンプ!
「ライオン!飛行斬り!」






ライオン飛行斬り体制からの太刀では、ドクロンガの腹をかすっただけです。
が、その直後ライオン丸の体は、まるでプロペラのように回転し、ホバリング状態になり、空中静止しました。
自然落下状態でライオン丸より下の位置になったドクロンガ。
金砂地の太刀が振り下ろされます!







ドクロ忍者3兄弟は、ライオン丸を倒して、下人からゴースン様直属の忍者になる夢を絶たれ、絶命しました。

「ライオン丸!今のはライオン飛行斬りじゃないよ!」
「小助!本当か?」
「本当よ。空中で一瞬止まったわ。新しい必殺技ね。」(沙織さん)
「そうか・・・だか、自分ではあの時どうやっていたのか、わからないんだ。あんなに悩んでいた新必殺技が・・・。」

ライオン丸本人が無意識のうちに繰り出した技なので、意識して出せるようになるには、時間がかかりそうです。


一方、虎錠之介。獅子丸が生きていた事を知り、心は躍ります。
「獅子丸!生きていやがったのか!俺は今!無性にお前と勝負したいぜ!どこにいるんだ!獅子丸!」

タイガージョーとの3度目の対決は、30話に持ち越しです。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。